介護付有料老人ホームの選び方

介護付有料老人ホームは主に民間事業者によって運営されており、身体介護やリハビリ、生活援助や医療処置などのサービスを受けることができる介護施設です。近年は施設数も急速に増えており、入居希望の際には、入居待ちで長期間待機しなければならないなどの問題もなく安心です。

そして、介護付有料老人ホームの種類として、認知症や寝たきりなどの要介護者のみを受け入れる介護専用型と、介護認定を必要としない自立者と要支援、要介護者を同時に受け入れる混合型があり、その他にも施設入居時に介護サービスのみ個人で契約する外部サービス利用型などの種類があり、高齢者に提供するサービスの内容や、要介護度の幅が広く、受け入れる施設により異なり、各々の施設による専門スタッフの有無など、対応できるサービスも異なるため、様々な入所基準を設けています。



また、入所手続きに関しては行政機関を通すことなく、自分が希望する施設に直接申し込みを行い、施設側と利用者が面談後、現在の収入や資産、介護の状況などを施設側が総合的に判断し入居を決定することとなります。



そして利用金額については一般的には初期費用と月額利用料が必要で、利用する設備内容や利便性により利用料も異なります。



このように介護付有料老人ホームはサービスや受け入れ条件などの幅が広いため、長い期間、快適な生活を送るために、希望する施設のサービス内容や設備など、しっかりとした事前の確認が必要です。