介護付有料老人ホームとは

現在、老人ホームには様々な形態がありますが、その中の1つに介護付有料老人ホームがあります。
介護付有料老人ホームは、老人福祉法によって定められている3つの有料老人ホームの1つとなり、法律では、介護保険の特定施設の指定を受けたものとして位置づけられています。

Girls Channel情報はこちらです。

施設は各都道府県から介護保険の特定施設入居者生活介護の認定を受けており、ここでは、介護保険法に則って、要介護者に対しての排泄や食事等の介護や、その他、日常生活上の世話が提供されます。



運営形態としては、株式会社や医療法人など民間事業者によって行なわれており、それぞれの施設において介護や食事等に関してのサービスが提供されています。



また、24時間体制での介護スタッフの常駐や、ケアマネージャーの介護サービス計画に沿って身体介護や、掃除、洗濯などの生活援助が行なわれ、健康診断やリハビリ、レクリエーションなどのサービスの提供も行なわれています。
介護付有料老人ホームは、大きく、要介護者を受け入れる介護専用型と、介護認定無しとなる自立ができている人も受入れる混合型の2つがあり、施設によっては、内部のみでなく、外部の事業者に委託をすることで介護サービスの提供を行っている、外部サービス利用型と呼ばれるタイプもあります。

介護付有料老人ホームは、その特徴として、それぞれの施設によっても提供されるサービス内容が異なることがあり、入居を希望する場合には、内容を十分に確認した上で選択をすることが大切なことになります。